ヨガと触れ合うひととき

ヨガと触れ合うひととき

ヨガと触れ合うひとときが私を癒してくれる。

骨盤に安定性を築く


アルダ・マッツェーンドラーサナは、骨盤を安定させ、胴体の可動性を高める。
背骨をウォームアップし、骨盤に安定を築く。

 

壁に背を向けてダンダーサナ(杖のポーズ)で座る。
左膝を曲げて左かかとの上に座る。
これが心地よくない場合は、ブランケットの上に座るか、足と臀部の間にブランケットを入れる。

 

次に右足を左腿の外側へ。

臀部と右足をしっかり接地させて呼吸とつながる。
吸う息で左腕を植えに伸ばす。
吐く息で左腕を右足の外側へもってきてねじる。

 

強引になっていないか確認しよう。

張りつめているところをゆるめられるだろうか。

 

右腕を後ろに伸ばし、手を壁に置く。

右手で壁を押し、両腰の外側を体の中央に向けて引き入れる。
背骨を長くして頭頂部まで引き上げる。
胴体を前に出して、左腕を右足の下までもってくる。

 

左腕と右腿を互いに押し合い、ねじりが強くなるほどに右手を壁のより遠くに動かす。

坐骨を接地させ続けて骨盤を安定させる。
鎖骨を開くようにして胸を広げる。
右肩の向こうを見る。

 

スペースが感じられ、呼吸がなめらかであれば、さらに深くねじり、左の脇の下を右足の外側へ。

右腕を後ろに伸ばし、両手の指を組むか、左手で右手または右手首をつかむ。
両手を床へ下ろし、背骨を引き上げ、左の肋骨の後ろ側から深くねじる。
目尻とこめかみを柔らかくしながら呼吸する。

 

1分以内ホールドして、反対側を行う前にダンダーサナになる。

次に行うポーズで動きやすくするために、それぞれのポーズを3回まで繰り返しても良い。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
カテゴリー